プロフィール

顔写真
 1955年生まれ、埼玉県新座市在住。1978年立教大学経済学部卒業後、1979年より1993年まで養護学校教員として勤務しつつ、市内では「『障害』者も『健常』者も地域で共に生きよう」をスローガンにしたキャベツの会を立ち上げ、事務局長として現在に至る。
 1982年に「お年寄りも障害者も女も男も地域で共に」をテーマにした自然食品店「よろづや」の立ち上げに参加。1993年に養護学校を退職し、仲間のカンパに支えられながら、「地域で共にふくしネット213」(その後のNPO法人「ふくしネットにいざ」)の設立にも中心的にかかわり、「障害者の自立と社会参加」へ向けた事業を本格的に展開する。
市民として策定にかかわった新座市地域福祉(活動)計画実施のため、2007年より市民推薦により新座市社会福祉協議会の地域福祉推進コーディネーター兼コミュニティワーカー(その後、地域福祉コーディネーター)として働き始める。廃校になった旧新座小学校内に設置された地域福祉推進連絡室を拠点に、北部第二地区地域福祉推進協議会の取り組みを軸に、その後南部地区や東部第二地区にも同様の協議会が設立され、住民主体の「支えあいを支えるシステムづくり」に奔走。
 2016年2月に行われた新座市議会議員一般選挙に無所属で立候補し、二度目の当選。現在、会派は「市民と語る会」、委員会は「建設経済常任委員会」に所属する。
広告